フォーミュラ・ニッポン

この土日、鈴鹿サーキットが入場無料ということなので、家族で行ってきました。
そこで初めて、レーシングカーが走っているのを目の当たりしました。
いやいや、すごい音!!
よく畑で農作業していると、サーキットからエンジン音が聞こえてきますが、なるほど、こんなに大きな音なら聞こえるはずだ、とひとり納得。
電車好きの4歳の息子はかなり衝撃を受けたようで、見入っていました。
2歳になった娘には少々怖かった様子。
素人考えですが、あんなに大きな音をたてるのに使うエネルギーを推進力に使えばいいのに、って思うのですが、そううまくは行かないのでしょうね。

5.8kmのコースを47秒前後で走っていきます。すごい速さ!
目の前を通過したと思ったら、またくる、という感じです。
たしか個人追い抜き(自転車のバンクの種目)をしていたとき、よくラップで
「3秒3!!」
とか刻んでいましたが、あれはたしか33秒3という意味だったと思います。
ドライバーからしてみれば、サーキット1週はトラック一周しているような感覚なのでしょうか。
その間にヘアピンやコーナー、アップダウンもあるから、忙しいことでしょう。

何はともあれ、貴重な体験でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする