ダイレクトポット栽培スイカ

プレスリリース
ひさとんぼ農業研究所ではこのたび、ダイレクトポット法によるスイカの栽培に成功しました。
ダイレクトポット栽培とは、直径10cmのポットで栽培する方法です。
ポット下部の穴から伸びた根はグランドシートとポットの僅かな空間にあって、となりのポット栽培果樹のこぼれ水を吸い取って成長しました。
タヌキの襲来をもかいくぐり、みごと2個、直径20cmていどの実をつけました。
同研究所の研究員によると味は「めっちゃうまい!」とのことですが、30代の女性職員は「もぉースイカはこれだから嫌なんー」と研究員が食べ散らかした床上に苦言を申しています。

季節外れのスイカに喜びを隠せない若手研究所職員

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする