キリコへの道

いよいよ完成へと向かいつつあるぶどうハウス。
被覆と同時に潅水も用意しないといけない。
当初、マイクロスプリンクラーを予定していたのだけれど、これまた費用がかかる。
そんなこともあってハウス被覆が先延ばしになっていました。
その潅水方法、スプリンクラーを使うより安上がりな方法を発見。
MKVのキリコR果樹用です。
この潅水チューブは幅7.5mのハウスもカバーして、低い放水軌跡。
便利なものですが一つ課題があり、チューブ径が塩ビでいう25とふとめ。性能から考えれば当然なのですがこれまで太いところでもVP20であったため、新たに引きなおさないといけません。
ハウスまでは20できてはいるので、試しに接続したところ水圧足りず潅水幅2m程度。
そんな訳で溝堀です。
どれぐらいにしておこうか?VP32か40ぐらいなら余裕だろうな。
きっと計算方法があるのだろうけれど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする