ブドウ作りは難しい

20110618-094345.jpg
畑の大部分は去年の冬、定植しています。何本かはそれより一年前に定植しました。
この樹は去年定植したウインク。
今更ながら、始める前にどこかへ研修にいっておくべきだったと思う毎日。
わからない事はまだまだたくさんありますが、こうしておけばよかった、という事があり過ぎです。
欧州系と呼ばれるブドウは、ハウスの中にいれておけば、なんとかなるかな、といったレベル。袋掛けまで終わりましたが、果たしてこの先どうなるか。
露地の巨峰系はいわゆる大暴れ、というやつでしょうか?わけわかめです。
雨よけはぜひともほしいのですが、棚の上に設置する簡易雨よけでは、春先の強風に耐えられない様な気がします。どうせなら棚解体して、野菜ハウスを建てて、主枝をすこし低くさせて、その中で作ろうか、なんて考えたり。
棚は足場管自作なので解体して、他に転用できるし、簡易雨よけ作るのも、野菜ハウス建てるのもそんなに変わらない気がして、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする