運搬車のクラッチワイヤー切れる。あちゃー。

残念。

エンジン載せ換え作戦を実施した運搬車。
クランク軸回転数が合わず、とても速すぎて実用に耐えず、
また、駆動ベルトの位置関係も狂っていていろいろと修正が大変。
動噴もつかうようになりそうなので、結局もとに戻すことになりました。

エンジン載せ換えた都合、駆動ベルトの調整一環でクラッチワイヤーをきつくしていました。
それを元に戻すの忘れて、エンジンだけもとに戻したものだから、クラッチワイヤーを切ってしまいました。あちゃー。

メーカー名もわからないような、古い運搬車。
同じワイヤーを入手するのは非常に困難です。
こういうワイヤーって自作できないですよね。先端と終端がすでに加工されているので。
自転車のブレーキなんかは片側ボルト留めなので、こういう方式にしていただけると助かるのですけど、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする