2014年5月

1/2ページ

キュウリ初収穫

  • 2014.05.31

種から育てたキュウリの初収穫です。 3/27は種 4/30定植 5/31収穫 全部で35株ぐらい、30mハウスの一列で栽培中です。 ハウスで栽培すると病気はでにくいですが、うどんこ病はどうしても発生します。 予防でサンヨールでも散布しておこうと思う。 今日は暑かった。 展示会シーズン始まってしばらく土日出勤が続きます。 ブドウの作業も沢山あるのだけどね。 大変です。 キュウリを食べてがんばります。

去年は収穫ゼロだったピオーネの一回目ジベレリン処理はじまる。

  • 2014.05.29

5月ももう終わり。 大体予定通り。 忙しさも予定通り。 わかっていた事だけれども、余裕がないなぁ。 5ヒムロッド満→6月2週目までにジベ処理 4スチューベン満開→放置 4ピオーネ以外四媒体開花→数日いないにジベ処理 1ウインク2回目ジベレリンしないと。そして摘粒、、、

タマネギ娘

  • 2014.05.24

ハウスで栽培すれば早く収穫出来るものと思っていましたが、結果は露地と一緒。 葡萄の誘引を止めてしばしタマネギの茎と根切り作業。 目が痛い。 娘にサングラス奪われました。 茎の部分、長ネギとして使えるような気がするのだけど、、、葉ネギも作っているので廃棄。 娘への報酬は、帰り道、スガキヤのソフトクリームです。(兄には内緒

自家製キャベツ

  • 2014.05.24

野菜に関してはほとんど自給自足。 そんな訳でここの最近、我が家で食される野菜といえば、エンドウとネギ、タマネギ。わずかにレタスと小松菜。 毎度同じ顔ぶれで飽き飽きした台所にキャベツが加わりました。 しっかり結球していて、なかなかの出来です! 今日の弁当に早速キャベツを投入します。 まあ、作る内容はいつもの炒め物にキャベツが入るのがだけなんだけど。 あと1ヶ月もすると、続々夏野菜が登場です。

ここ画像から何が読みとれるのか

  • 2014.05.23

田植え後約30日 ここの所、急に目に入る水田の緑が濃くなってませんか? 生育は、まあまあ、順調何だろうなぁ、と、何となく思う。 さて、この写真。 今朝撮影したもの。 爽やかな朝の水面。 と言えるのか? 分けつした株、適度な水位、その中にいっぱい生えている稲以外のもの、、、 このままで大丈夫なのか不安になる。 パワーカルチをウオッチリストに加える必要があるかもしれない、、、 キャベツは昨日初収穫をし […]

淡々とジベ処理(一回目)

  • 2014.05.22

玉ねぎも倒れてきて、葡萄の新梢も早いものは第二誘引線に到達する今日この頃。 一番早いハウス1と2の巨峰系、ウインク満開時期で、一回目のジベ処理(25ppm+フルメット1ppm)適期。 このあと6月上旬にかけて、ハウス3,4,5,6,7,8,9,10と続く。 平行してぼちぼちデラウェアの2回目ジベ処理が始まり、二回目のジベから摘粒もしていかないと間に合わない。

水漏れする田の修繕

  • 2014.05.19

先日畦を掘り起こしてコンクリ流しこんだ田。また水漏れをおこしています。 出口を変えてまた大きなトンネルが排水溝とつながっていました。 いたちごっこの様相で、今回はトンネルそのまま、トンネル周辺を囲ってみました。 そもそもトンネルは排水溝の水位の上下で段々と排水溝側から田へ掘られていると推定。これが正解なら、このワンクシッョン方式で水漏れは解消されるはず。 この間の大雨で除草剤の効き目が著しく低下し […]

トマトの脇芽をとる。夏の匂いがする。

  • 2014.05.17

いつの間にやら大きくなって、もう青い実が付いています。 今年は20mのハウスで栽培。左から赤ミニ、黄色ミニ、赤大玉。 黄色の生育がいい(徒長気味?でも収穫期間も一番長い) 全て支柱を立てるのも大変なので、上と下に直パイプ(ハウス用19ミリ)を通してエスター線をはってみた。 ここに誘引するつもり。 苗は半数ぐらいは種から育苗したもの。購入苗のほうが生育は早いが、種からの苗も一気に大きくなり、その差は […]

ホンダ・ビート

  • 2014.05.09

屋根を開けて、窓も全開で、それでも寒くなくて、風が気持ちいい。 そんな日、そんな時間は一年にそう何度もない。 1台目 社会人になって購入したのが黄色のビートです。 1年ほど所有しましたが、しばらく日本を離れることになり手放しました。 2台目 あれから10年。結婚し、子供もできて、日産キューブと軽トラの2台体勢でしたが、ふとしたきっかけでまたビートを購入。 ボンネットを塗装したり、GTウイングつけた […]