ポータートラックの腐食した穴を廃材利用でどうにかしてみたい

image

ポータートラックの左右ドア付け根あたりは腐食で酷いことになってます。
ワイヤーブラシとサンダーである程度サビを落としてから、サビキラー(錆転換剤)を塗りました。
そしていよいよ穴埋め作業です。

板金用に鉄板があるそうですが、入手が難しい。
よくお世話になっている車屋に聞いたところ「最近は部品交換なので、板金作業はしてないんよー。」
ホームセンターには1mm厚のジュラルミン板なるものが売っていましたが、30cm四方ぐらいで2000円もする!

そんなときにゴミ箱でこんなもの発見。

image

低温貯蔵庫を輸送する際に、キャスターを保護する金属カバーです。
金属ゴミ行き直行で、なんかもったいないなぁ、と思っていました。

image

これを叩いて叩いて、サンダーで切ったり、ボディの形状に合わせて(あんまり合いませんが、、、)曲げたりへこましたり、、、

image

固いので曲げるの大変です。
万力とかほいしなぁ。

image

こんな具合です。

この金属板をJBウエルドなるもので接着。と同時にリベット留めをするつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする