ボディの錆穴をどうにかふさぐ ポータートラック

コンコントンカチで曲げた鉄板で錆穴をふさいでみました。

が、

色々誤算があって、最終的にこのようにビス止め。
やっつけ感たっぷりの仕上がりです。
image

誤算
その1 鉄板は思うように曲がらない
→隙間ができる。

その2 鉄板を貼り付けるに使うJBウェルドも量が限られているので隙間を埋めるには足りない。

その3 リベットで補強しようにも、場所によって隙間や厚みが変わるので、うまいこと打ち込めない。
→ビス止めに。

大穴はこれでおしまい。
あとはFRP補修にしますが、一旦おいて足まわりにすすみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする