3輪運搬車のエンジン修理

image

2年前の正月休み、暇つぶしに運搬車のエンジンと、動噴のエンジンを載せ換えてうまく行かなかった事がありました。
結局もとのエンジンに戻したのですが、その際にクラッチワイヤーが切れ、エンジンもかからなくなってしまい、放置。
別に4輪運搬車を購入したので荷物置き場となっていました。

そんな3輪運搬車をこの正月休みに修理することにしました。

使えていたときは、それでもバックファイアはでるし、リコイリングで圧縮に負けて痛い思いはするし、排ガスは臭い状態。

4サイクルエンジンはあまり触ったことがなく、バルブクリアランスの調整と、上からばらしたのですが、、、

image

これはサイドバルブのエンジンだそうで、バルブクリアランス調整はできないらしいです。

なのでカーボンをとります。

image

キャブコンとマイナスで掃除。
バルブとシリンダーのあわせ目は専用のコンパウンドで研磨するそうですが、そんなものないのでカーボンをとるのみ。

image

ついでに気化器とマフラーも外してオーバーホール。

これでかかると思います?
やれることはやったのですが、結果はダメ。
エンジン始動しません。

プラグから火は飛んでいます。
しかしキャブコン入れても爆発しません。
え??

念のためプラグ交換したらあっさり始動しました。

カーボン除去したからでしょうか、始動はいたってスムーズ。
今時のエンジンなみに軽い力でかかります。

切れたクラッチワイヤーも、SSか何かの適当なクラッチワイヤーに付け替え早速試運転。

畑から付近の集落へ、土地代支払いのため荷台に子供らのせて1時間ほどドライブしてきました。

ガバナ調整が必要なのか、ふけ上がり過ぎです。

続いてボディの塗装をします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする