オクラと仲間たち

オクラがいよいよ、身長を超えました。

2条植え20mが4列、延べ80mほど、丸オクラを栽培しています。

ピークのお盆の時期で1日250本ぐらい。今だと100本程度、毎日収穫しています。

そんなオクラに集う仲間たちを紹介します。

一時期よく見かけたマメコガネは姿を消し、テントウムシサイズの甲虫がちらほら見かけます。

テントウムシがいるのなら、アブラムシも居るのでしょうか

涼しくなってきてから、カメムシを見かけます。稲刈りが終わって、こっちにうつってきたの?

昨日ぐらいから、小さな小さな彼らが実についています。自らひっついているのか、オクラのネバネバに身動きとれないのが不明

葉っぱを食べるだけ。それ程居ないです。一通り見回って5匹程度。アシナガバチに食べられていることもあります

上のアオムシの生まれたて?葉の裏側でした。

これもカメムシ?柄付きです。

この他、アシナガバチとスズメバチも巡回しています。

農薬はかけていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする