ローラー刷毛でビートDIY全塗装 

ポーターの他にビートも所有しているのですが、このビート4台目になります。

20年近く前に社会人になって2回目ぐらいのボーナスで黄色のビートを購入。

このビートは私自身が海外へ行くことにしたので手放しました。

2台目も黄色のビート。

三重にきて、農業はじめた頃に買いましたが、仕事と、農業とで乗る機会が少なくなり手放しました。確か長男が小学校あがるかどうかの頃です。

しかしその後も周期的に発作がおきて、手放して1年ぐらいに、こんどは白のハードトップ付きをゲット。

しかし、軽トラ(その頃はスズキのDB51T)を更新するため、同じエンジンを積んだアクティで我慢することにして、これまた手放しました。

そして4代目、ちょうど一年ぐらい前です。

夜中にふと目が覚めて、ヤフオクの“保存されている検索結果”みたいなのを眺めていて、落札。

しかしサラリーマン辞めた時期と重なり、コンバインや田植え機とともにハウスの中で埃をかぶるだけでした。
時は過ぎて2016年秋。

葡萄もほぼ終了です。

時間に少しは余裕ができます。

そんなわけで少しずつ手をかけて、月に一度はドライブをする事を夢みて、全塗装する事にしました。

元色は赤。ドアを残して黒、白、黄色に塗られています。謎のダクトカバーやステッカーが盛り沢山!

まず最初はステッカーはがし。市販のステッカー剥がしスプレーでは力不足で、最終的には剥離剤とマイナスドライバーでガシガシげずりとりました。そして400番の耐水ペーパーで研いでいきます。

続いてマスキング。なるべく部品は外さない方向ですが、マフラー修理もあったのでリアバンパーと、ドア後ろのエアインテーク、前輪後ろのパネル、リアスポイラーははずしました。

道具はローラー刷毛(短毛)、100均刷毛、バケツ(刷毛洗浄用)、ペンキ(ターコイズ 4リットル)

全部合わせても3000円かかりません。

ローラー刷毛でコロコロと塗っていきます。

4回ほど重ね塗りをして、ローラー刷毛からただの刷毛に持ち替えて細部を仕上げます。

天気よく湿度も低くてすぐに乾くのですが、台風一過の強風で砂埃、草が結構付着してしまいました。

シール剥がしと塗装、2日にわけて農作業の合間にしましたが、まとめても1日あればおつりが来るぐらい、時間かかりません。

完成した写真は、ハウスから出して天気のいいときにまた撮影します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする