単管パイプをつかってガレージつくり その1

今年も残すところあと10日ほどになりました。
農園ブログ更新しよう、しようとおもいつつ、このままでは年越しそうなので、重い腰をあげての、久しぶりの投稿です。
今はせっせと新しいハウスをつくっています。
来シーズン、快適な農園ライフ?を満喫するため、です。

スタートは11月25日。
これまであった間口5.4m、奥行き10mほどのパイプハウスを撤去します。
この中にいろいろ荷物もあるので、それらの搬出も

フィルムをはがしたところ

いろいろあった荷物を撤去したのですが、レストア中のポーターバンが動きません、、、
エンジンのっていないので、ミッションがどこかに干渉するらしくて。
ポーターはそのまま、建設をすすめます。

穴掘り機?で50㎝ほどほって、1mの単管を垂直にさし、コンクリートを流し込んだ簡単基礎です。

横幅は10m、奥行きは9m、両サイドは2m、嶺は3mの単管を建てます。
基礎の1m単管に自在クランプ2個で連結しています。

箱ができました。

屋根が形になってきました。屋根の斜めパイプは6mの単管を使っています。
左右若干非対称で、左側は5.3mに切り詰めています。
右側は6mのままですが、5.5mぐらいに切り詰めようかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする