オドメーター距離合わせとスピードメーターケーブル自作


先日、オドメーターの距離は任意の値にできると書きましたが、そう簡単ではないかもしれないです。
オドメーター上の、白い小さな連なったギア、これがオドメーターの数字を左から順に回す役割を担っています。
なので、適当につけただけではダメ。
000000.0の位置が分かりやすいです。
任意の数字にする場合は微妙に白いギアを回転させておく必要があるみたい。
とりあえずフィガロのメーターの場合、白いギアは写真の向きです。
あとは現物みながら少し試行錯誤すればどうにかなると思います。

ポータートラックにフィガロのスピードメーターを取り付けるにあたり、スピードメーターケーブルはシャンテのものを使いました。
理由は、メーター側の接続部がポータートラックの物ではあわず、シャンテのものだとあうからです。
ところがシャンテのスピードメーターケーブルはポータートラックのものより10cmぐらい短いので、きついRを描いて装着していたのですが、案の定、インナーワイヤーが切れてしまいました。

そこでポータートラックのスピードメーターケーブルを使うことにして、これのメーター側接続部だけシャンテのものと交換する事にしました。

カシメてあるので、普通には外れませんが、ちょっとあぶるとアウターワイヤーの表面ゴムが柔らかくなって、金属部を捻るようすれば引っこ抜けます。

抜いた後はポンチで口径広げて、差し込み、何かでカシメれば完成です。

割とカンタン、というか、すごくカンタンです。
材料さえあればどうにかなります。

6/10(日)晴れ
朝刊配達
田んぼ草抜き
紫苑摘粒 完了
オリエンタルスター摘粒 完了
ミニ甲斐路、ウインク、摘粒かかる

6/11(月)曇り
ミニ甲斐路(大ハウス)摘粒、半分は摘芯
ウインク 摘粒開始
トマトその2、支柱へ誘引

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする