ヤフオクなどで販売しているテープツールtapetoolの使い方 園芸用結束機

<使い方>
1 この様に持って

2レバーを1回握って

3 はなします。するとテープが摘ままれて、引き出されます

4 先端部分はこんな感じでテープが引き出されています。

5 この状態で結束したい箇所をテープで包むように押し当て

6 もう一度レバーを握ります。今度はテープがステープルによって固定されるとともに、切れます。

7 結束されました。

↓消耗品であるテープとステープル(ホチキスの針みたいなもの)はマックスの物がつかえます。

↓ステープルはこちら。

↓テープはコストパフォーマスのいいこちらを使っています。

<ステープル(針)の交換方法>
1 小さな黒いとってをひきだします。

2 ひきぬきました

3 引き抜いたところにステープルを入れます。上下の向きに注意してください

4 入れたら、先ほど引き抜いたものを戻します。奥までしっかり入れてください。入れ方が不十分だと使っている最中に抜けて行方不明になります。

<テープのセット方法>
1 プラスチックのカバーを2箇所あけます。

2 写真のようにテープを入れます。

3 1であけた蓋を閉じます。

4 先端部分のテープの通し方はこの写真のようにします。

3 替え刃の交換方法
新品のテープツールには替え刃とスプリングが付属しています。替え刃はテープツールの先端部あたりについています。
テープの切れがわるくなったら交換してください。
が、当方30aほどの葡萄園で使う場合、1年程度では交換が必要になることはないです。
替え刃は挟まっているだけなので、ラジオペンチ等で引っこ抜いて、新しい刃をラジオペンチ等で差し込みます。
刃が中央に来ていないと、テープが完全に切れず、どちらか片方で繋がったままになり作業性がおちます。
切れが悪いときは、刃の位置も確認してみてください。
画像は後日アップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする