ヘッドライト農法

5月、ジベ処理の頃からちょいちょい試していたヘッドライト農法。

7月から本格運用開始です。

弊社も働き方改革です。

具体的には

1:30起床
2:00-12:00 農作業
20:00就寝

予定通りいけば5.5時間睡眠はとれて、10時間農作業できて、午後は丸々他の事ができるという、素晴らしい農法。

この農法に欠かさないのがLEDヘッドライトです。

現代科学も進歩して、単三電池1本で今の時期なら1週間はもちます。

そう、頭にヘッドライトをつけて、その明かりで農作業をする、ということ。

これがメリット多くて

1 結構明るいので、ジベ処理、摘粒、摘芯、袋かけ程度なら難なくこなす。しか余計なものが視界に入らないので、効率がいい 

2 朝の涼しい時間帯に作業ができて、暑い時間はクーラーの聞いた部屋で別の事ができる、夢のようなライフスタイル

3 必然的に早寝早起き

ただ、就寝時間が遅くなって4時間睡眠が続くようになると、さすがに日中眠くなります。そんなときは仮眠をとればいい。

いいものがあります。https://www.instagram.com/p/BjyW6hAnAvI/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=ubet0xwfavc7
アマゾンで1000円ちょっと。
快適で油断すると半日ぐらい寝てしまいそうです。

今日は
1:30 起床 
2:00 出発
2:15-6:00 袋かけ(ピオーネ、ミニ甲斐路、ゴールドフィンガー)
6:00-7:00 朝食、休憩
7:00-9:00 袋かけつづき
9:00-11:00 草刈り(電柵下)
11:00-12:00 野菜収穫、袋詰め

明日の予定
1:30 起床 掃除
2:15-6:00 袋かけ(ゴールドフィンガー、スチューベン)
6:00-7:00 休憩 朝食
7:00-8:00 収穫、袋詰め
8:00-10:00 草刈り(田んぼ)
10:00-12:00 第2トマト支柱たて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする