ポータートラック、オーバーヒートする

やってしまいました。
エンジンダメにしたかと思いました。 

午前2時、今日もヘッドライト農法を実践すべく、
中勢バイパスを4速5000回転で爆走していたら
一瞬、ポーターのチカラが抜け、えっ?!と思うまもなくギャインと変な音をたててエンストしました。

そのまま惰性でいけるところまで行って、止まるころには、あぁ、エンジン載せ替えか。縦傷のピストンとシリンダーが痛々しく思い浮びました。

が、大丈夫だったぽいです。
冷めてからラジエターに水を入れ(2リットル入りました)恐る恐るエンジンをかけたらかかりました。
あのおとはベルトが突然のエンストに叫んだのかな?

停止状態では水漏れしていないのですが、あの大量の水蒸気はいったいどこから噴出しているのでしょう?ホースの接続部とかかな?

それにしても、路肩でボンネットあけて、ケムリモクモクなんて、今時ないですよね。

私も目撃したこともなければ、体験したこともないです。
  

と、まあ、楽観視していたのですが、帰りの道中見る見るうちに水温上昇。
これはまずいと、走り出して10分ほどで待避です。

ホースを締め直せばオッケー、なんて甘いことありませんでした。

Instagramで専門家より指摘がありヘッドガスケット抜けではないかと。
なるほど、最初のオーバーヒートで抜けてしまって、あとはエンジンの熱で冷却水沸騰っていう状態のようです。

この先のプランは2つ
 <プランA>
このエンジンを修理する。
ヘッド、シリンダーを外して面あわせ。
ヘッドガスケットは銅板で手作り
シリンダーベースガスケットは紙をチョキチョキ。

<プランB>
シャンテのエンジン載せ替え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする