【簡易版】B30初代ラフェスタのメンバーブッシュ異音トラブル対策

初代ラフェスタB30の足回りから変な音がしてきました。
エンジン音もおかしいです。
エンジンの振動が伝わって、ゴーと異音がしていて、
段差を乗り越えるたび、ガタゴト言ってきます。
おかしいな、と思っていたらどんどんひどくなり、
ブレーキをかけた程度でガチャン、
アスファルトの継ぎ目でガチャンガチャン。

実はこれ、ラフェスタのあるあるだったようです。
定番のメンバーブッシュ劣化だそうです。

ブッシュと大きなメンバーが一体なので、
修理は10~15万円ぐらいかかるようですが、
9年以内なら無償修理してくれたそうです。

さすがにもう無償修理は無理ですね~

が、先人たちの知恵と努力で、安価な修理方法がネットに
ありました。

感謝!

作業は簡単。30分もあれば終わります。
ホイールを外す必要もありません。
費用もホームセンターで売っているゴム板150円だけです。
アンダーカバーは外しますが、足回りのボルトナットを緩めたりはしないので
作業ミスによるトラブルはすくないかと思いますが、
自己責任でお願いします。

1)まず、フロントのアンダーカバーを外します。
10年10万キロ超えのラフェスタがほとんどでしょう。
クリップは再利用不可かもしれないです。

2)メンバーを軽くジャッキアップさせます。手で持ち上げる程度の力です。
IMG_20181010_081051

3)当てている位置はこちらです。車載のジャッキでも問題なし。
IMG_20181010_081041

4)15㎝角5㎜厚のゴム板です。4個つくります。中心のくりぬき円は現物合わせ。直径2㎝ていどでしょうか?
IMG_20181010_080919

5)メンバーを浮かしたことで、隙間ができています。ここにチョキチョキしたゴムをかませるだけ。
片側2枚重ねで10mm厚になります。
最初から10mmのゴムでもいいかもしれないですが、はさみで加工するので、
5㎜のほうが作業しやすいと思います。
IMG_20181010_081034

以上、これだけで、メンバーからの異音は解消します。
エンジン音のビビり、振動も消えました。

あとはどのくらいゴムが持つか、です。
またレポートします。
作業日 2918年10月10日
走行距離 137,000㎞

ここのボルト(18mmらしいです)を外して、
ウレタンゴムを挟むという方法もあるようです。

参考URL
https://minkara.carview.co.jp/userid/2362689/car/2214651/3995660/note.aspx
http://pitipiti240z.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする