アルミ製のサイドウインドウクランクに交換してみる

いまどき、軽トラでもパワーウインドウは標準装備かもしれませんが、私のポーターはもちろん、手で回す、ハンドパワーウインドウです。

イモネジ1本で止まっているのですが、もうグラグラで、たまにドアの開閉で落っこちてしまいます。

そんなわけで、アルミ製のサイドウインドウに交換しました。

4種類のアダプターがついているので、国産、外車とわず、ほとんどの車種で使用可能です。

装着で一番の難所?はもともとついていうるハンドルを取り外すところだと思います。

たいていは、ハンドル付け根、ドア内張りとの間側にクリップで止まっていますので、なにか細いもので取り外す必要があります。

私のポーターはイモネジで止まっているだけなので、簡単に取り外せました。

ポーターの軸はセレーションをきっているので、4つあるアダプターのうち、セレーションのものがつかえる、と思っていました。が、微妙にサイズがことなり、こちらはつかえず、丸穴タイプのアダプターを使用しました

付属のイモネジでしっかり軸に固定します

取り付けたアダプターの上に、ハンドルをかぶせて、付属のイモネジで固定して完了です!