ピストの整備

ピストの整備

来週末の三重県選手権(私はオープンの部で参加)に向けて、ピストの整備です。

諸事情で3台整備。

うち一台は入荷待ち。いまシンガポールをでたところです。

ちょっと間に合わないかも知れないので、ピンクの三連勝を復活させます。


BBが固着していたので分解整備。

特殊工具(カニ目スパナ)が必要で、ヨドバシ.comより取り寄せました。

PARK TOOLのSPA-2です。

1650円也。

BBにはSPA-1が正しいようですが、こちらでも回りました。

ベアリングは錆びていましたが、再利用。

グリスアップして元に戻します。

分解する際のロックリンク外しが鬼門ですね。

固着している場合が多いです。

ロックリング回しをかけて、1mの単管パイプで延長させて、ジワッと回しました。

さすがmade in japan スギノ製 なめることなく外れます。

20年放置でしたが、made in japanはすごいな、と実感。

三連勝はこれであとは部品組み付ければいつでもオッケー。

クランクが無いので、適当な165mmを手配しました。


続いて自分の分。

リアホイールのハブベアリング固着です。

これはシールドベアリングなので、とも締めロックナット外して、シャフト叩いてベアリングを抜きました。

台湾製の6000Zが入っています。

汎用品なので助かります。

あとでビバホーム行ってみて、無ければネットで手配します。

自転車カテゴリの最新記事