Palairac フランス南西部の町 ルノーキャトル

Palairac フランス南西部の町 ルノーキャトル

前回のpuichericからちょっと移動しました。

次は海まで南下してみます。

 

ご参考までに、塗り絵の手順です

1)まず影。 黒+水色

2)続いて、木の枠。

黄土色+茶色 だったり、赤+黒だったり。

レンガも適当に着色しています。

木製の扉は、筋に合わせて濃いめの茶色で。

 

3)赤を。朱色+黄色少々。レンガにも少々。扉枠にも少々。

4)緑着色

黄緑、緑、深緑を4段階ぐらいに混ぜて、適当にてんてんてんと

薄い茶色(黄土色)でレンガや床を着色。

レンガとレンガの隙間とかは水色+白+黒(極わずか、パレットの隅とかにある色んな色がごちゃまぜになって黒くなっているやつをすこし混ぜた感じ)で着色すると、いい感じです。

今回久しぶりに自転車描きましたが、うまいこと行きませんでした(汗

次はもっと明るいフレームカラーにします。

Franceカテゴリの最新記事