目指せ!公道復帰 スズキ LJ20ジムニーのクラッチ交換

NO IMAGE

LJ20ジムニーのクラッチを交換しました

手順としては

1)エンジンを降ろす

2)クラッチを交換する

3)エンジンを載せる

です。

1)ジムニーのエンジンを降ろす!

KBAAポーターの時は車高も低く、腰痛覚悟で持ち上げていましたが、ジムニーは車高が高く、ちょっとキツイです。

アマゾンでレバーブロックを購入し、足場管で組んだハウスの屋根から吊りました。

 

2)クラッチを交換する

SJ10のクラッチ&クラッチカバーが利用できるものだと、用意していましたがサイズが全然違いしました(涙

在庫切れなので、急遽、地元の業者で張替えしてもらいました。

1週間もかからず、6000円ほどで張り替えてくれました。

富士クラッチ工業

クラッチ交換ではおなじみ?のセンターだし特殊工具の自作です。自作といえるほど、大したことしていないです
こんな感じでセンターだします。
クラッチハウジングの穴?に硬化したゴム部品が入っていましたが、触ったら砕け散りました。ちょうど10mmソケットが入るサイズです。今度モノタロウでなにか発注するときに、手配します。

 

3)エンジン載せる

1)の逆手順です

LJ20-V ジムニー 360カテゴリの最新記事